情報商材販売後の納品方法やアフターフォローを詳しく解説【第6章】

限定記事

こんにちは。情報発信ビジネスで生計を立てています。ペンライトです。

本日も当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

このブログでは、インターネットビジネス初心者が、知識や実績が全くない”ゼロの状態”から、完全リスクなしで稼ぐ方法を解説しています。

過去に私が実践してきた「実体験」を元にしたノウハウを公開しているので、再現性は抜群です。本当に一切費用をかけることなく、完全にリスクゼロで稼ぐことが可能です。

※ちなみに、私のプロフィールこちら

この記事は、読者限定で公開している

「ネットビジネス初心者が副業で月に1万円〜5万円を稼ぐ方法」

という情報販売ビジネスノウハウの第6章となります。

繰り返しますが、このノウハウの通りに実践すれば、ネットビジネスの経験がない初心者の方でも、毎月、1万円〜5万円を稼ぐことができるように設計されています。場合によっては10万円以上を稼ぐことも可能です。

結果は保証しますので、ぜひ、真剣に取り組んでみてください。

なお、このノウハウは第1章〜第8章までの「全8章」で構成されています。過去の記事をまだ見ていない場合は、以下リンクからチェックしてください。

ネットビジネス初心者が副業で月に1万円〜5万円を稼ぐ方法【第1章】
情報販売がネットビジネスで最も稼ぎやすい理由【第2章】
情報販売ビジネスで月に5万円稼ぐための無料ツールを紹介【第3章】
ネットビジネス初心者が情報商材をゼロから作成する方法【第4章】
あなたのオリジナル情報商材を完全無料で販売する方法【第5章】

このノウハウの中で何度も説明をしている通り、あなたが、情報商材販売ビジネスで収入を得るために必要なことは、

1、商品を作成する
2、商品を販売する
3、販売後のフォロー

上記3ステップです。

既に、第5章までの記事で『ステップ1』『ステップ2』のノウハウは全てお伝えしました。

第5章までの記事内容を抜かりなく実践できていれば、情報販売ビジネスで稼ぐ仕組みは既に完成しているはずなので、あとは、商品が売れるのを待つだけの状態です。

第6章では、商品が売れた後の「アフターフォロー」を中心に解説させていただきます。つまり、最後に残っている『ステップ3』の解説となります。

このステップ3は、見込み客から送られてくる質問への回答方法や、商品の納品方法などに関する解説が中心です。

これまでのステップと比べて、やることが少なく、簡単に実践できると思います。

ただ、簡単にできるからと言って、手を抜いてしまうと、顧客から評価されるせっかくの機会を逃してしまいかねません。アフターフォローをしっかりできている情報販売者は意外と少ないです。

逆に言うと、ここをしっかり実践することで、他のライバル販売者と差別化することができるので、頑張っていきましょう。

質問への返信は必要?納品はメールでOK?商品販売後の対応について

まずは、商品販売後に必要となる対応について、簡単に紹介します。

商品販売直後、実際に商品が売れたあと、商品納品後など、タイミングによって対応すべき内容が異なりますので、それぞれに分けて紹介すると、、、

1、商品販売開始〜商品が売れるまで
・見込み客からの質問に返答する

2、商品が売れたあと〜商品受け取りまで
・取引に関するメッセージを送る
・商品を納品する

3、商品受け取り完了後
・購入者を評価をする
・商品を再出品する

大まかですが、上記のようになります。

正直、どれも、手間のかからない作業ばかりなので、毎日の仕事や家事、子育てなどの隙間に発生する時間を使って実践することができます。

私も現役で情報商材販売を実践していますが、大げさでもなんでもなく、一旦、商品販売の仕組みが完成したら、やることは、ほとんどありません。少なくとも上記で紹介した作業は必要になりますが、テンプレート化(仕組み化)することで、作業負担をできるだけ減らすこともできます。

テンプレート化すれば、毎日、商品が売れ続けたとしても、毎日、10分程度の時間を確保することで、上記で紹介したようなアフターフォロー対応は可能です(テンプレ化のアイデアは後述します)

そして、商品が売れた後のフォローが完了すれば、売上金が反映されるので、あとは、各プラットフォーム上から売上金の振込申請を行うことで、あなたの銀行口座に報酬が振り込まれます。

余談ですが、自分で作成したオリジナル商品がインターネットで売れて、その売り上げ金が口座に振り込まれる最初の瞬間は自分でも忘れられません。

きっとあなたも、一番最初の振込入金は忘れられない、特別な瞬間となるはずです。

少しの金額でも、インターネットで稼ぐことができれば、それが希望となり、モチベーションとなり、自信となります。大げさでもなんでもなく、世界が一変する瞬間です。

まずは、最初の「報酬発生」の瞬間までは、ぜひ、モチベーションを絶やさずに継続しましょう。

それでは、次の章からは、各フォロー対応についての、具体的な方法を解説させていただきますね。

見込み客からの質問には回答するべきか?

さて、ここからは、アフターフォローの詳細を順番に解説させていただきます。

まずは「見込み客からの質問」に対する考え方からです。

個商品を販売すると、その商品に対する「質問」が見込み客から送られてくるようになります。今回、商品販売先として推奨している9のプラットフォームのうち、特に、ヤフオクとココナラは見込み客から質問されることが多いです。

一方で、他のプラットフォームに関しては、私の経験上、ほとんど質問を受けたことがありません。

「見込み客からの質問には回答するべきか?」

結論から言うと、原則として、質問には回答したほうが良いです。それも、可能な限り真摯に回答することで良い結果につながることがあります。

この点は、結構重要なところなのですが、質問を通して見込み客とメッセージのやり取りすることで、相手との接触回数が増えて、信頼関係を築くことができます。

相手との接触回数が増えると、親近感が増すという効果は『単純接触効果(ザイアンス効果)』という心理学の専門用語にもなっており、WEBマーケティングで成功するための基本的な概念となります。

質問に回答した結果、その時は購入に繋がらなくても「あなたとメッセージをやり取りした事実」は見込み客の心に残ります。

あなたが真摯な対応をすればするほど、あなたに好感を持った見込み客が増える可能性がありますし、将来的に、再度、あなたの商品販売ページに戻ってきて、商品を購入してくれる可能性もあります。

私の経験上、そのようなケースも実際に存在します。真摯に対応すると言っても、特別なことをする必要はなく、

・言葉遣いを丁寧にする
・相手からの質問に対して、きちんと的を得た回答をする
・できれば6〜12時間以内に回答する

という、基本的なルールを守るだけでOKです。

最後の「6〜12時間以内に回答する」という条件が少し厳しければ、最低でも24時間以内の回答を心がけるようにしてください。

質問に対して無視したり、真摯に回答しない情報販売者もいますので、質問に対応する態度が他の情報販売者との差別化にもつながります。

それに、ヤフオクの場合、あなたが回答した質問は誰でも閲覧可能な状態となっています。つまり、商品購入を検討している第三者がいた場合「質問のやりとり内容」は「商品販売ページ」と同様に、購入するかどうかの判断材料としてみられます。

できる限り、丁寧な対応を心がけましょう。

上記を踏まえると、見込み客からの質問は「販売機会の創出」につながる。と考えることができるので、私は質問への対応をとても大切にしています。

質問に回答するということは、基本的にはメリットしかありません。

ただし、一部、回答しないほうが良い質問もあるので、その点は注意するようにしてください。ヤフオクを例にすると、以下のような質問が該当します。

・質問を装った広告や宣伝

実際に質問の文章を見ていただければ判別可能と思いますが、念のため、画像を載せておきますね。ヤフオクでは以下のような質問が乱発していますので注意してください。(以下、赤枠の部分が実際に送られてきた質問です)

私の経験上になりますが、この手の質問は結構頻繁に送られてきます。

質問者は使い捨てのIDを使って、文章を少しずつ変えながら、毎日、毎日同じような内容のメッセージを送ってきます。まともに返信したことがないので、意図や目的は分かりませんが、回答したところで、おそらく良い結果にはつながらないでしょう。

なお、質問に答えるのが面倒だという方は「商品販売ページ」内に『よくある質問』をQ&A形式で掲載しておくことで、あらかじめ、質問がこないように対策することも可能です。

しかし、商品販売ページを詳しく見ずに質問を送ってくる方も多くいますので、質問をゼロにすることは難しいと思ってください。

・言葉遣いを丁寧にする
・相手からの質問に対して、きちんと的を得た回答をする
・できれば6〜12時間以内に回答する(最低でも24時間以内)

上記のルールを守って、あなたの評価を高めていきましょう。

情報商材が売れた後の納品方法について解説

実際に商品が売れたら、購入者へ納品を行います。

ただ、納品といっても情報商材(デジタルコンテンツ)であるため、物理的にモノを発送するわけではなく、全てデータのやりとりで完結します。

それでは、納品方法について、最も商品が売れやすい代表的な5つのプラットフォームを例にして解説させていただきます。

ヤフオク

商品が売れたら「取引ナビ」というヤフオク内にあるメッセージ機能を使って商品を納品します。

ただし、取引ナビのメッセージ機能は、メッセージ(テキスト)をやり取りするだけの機能しか無いので、実際の納品については、

1、購入者のメールアドレスを教えてもらって、そのメールに商品(PDF等)を添付する
2、あらかじめ、無料サーバーに商品をアップロードしておき、無料サーバーへのリンクURLをメッセージで送る

上記、どちらか2パターンになると思います。どちらの方法を採用するかは、完全に好みの問題になりますが、私自身は、より手間を省くことができる「2」の方法を使っています。

「1」の方法は、取引ナビのメッセージにて、一旦、購入者のメールアドレスを聞き出す必要があります。一方で「2」の方法だと、あらかじめ商品をアップロードしておいた無料サーバーのURLリンクを、取引ナビのメッセージで送るだけで完結します。

物販のように、商品の梱包をしたり、宅配業者に持ち込んだりする必要がない分、どちらの方法を選んでも「手間がかかって大変」ということはありませんが、作業をより効率化できるのは「2」の方法だと思います。

そして「2」の方法については、あまりご存知でない方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単に解説をさせていただきます。

商品をあらかじめアップロードできる(置いておくことができる)無料サーバーサービスはたくさんあります。GoogleドライブDropboxなどは、その代表例です。

ここでは私自身が使用しているサービスを紹介させていただきます。もちろん、無料で使用することができます。

容量無制限の無料オンラインストレージ firestorage

firestorageの使用方法を簡単に説明させていただくと、

1、firestorageに商品(PDFなど)をアップロードする
2、購入者がダウンロードする際に入力するパスワードを設定する(任意)
3、商品アップロード後に生成された「ダウンロードリンク(URL)」をコピペでメモ帳などに保存しておく

上記が基本的な流れになります。使い方は簡単なので、ここでは細かい説明は省略しますが、もしも、使用方法等で困った場合は、firestorageサイト内に使用方法が載ってありますので、参考にしてみてください。

そして、最後のステップとして、

4、上記「3」で保存しておいた商品のダウンロードリンク(URL)を、ヤフオク取引ナビのメッセージで送る

メッセージが届いた購入者は、送られてきた商品のダウンロードリンク(URL)をクリックし、商品をダウンロードして完了となります。

もしも、ダウンロードのパスワードを設定した場合は、取引ナビで商品ダウンロードリンク(URL)を送るのと一緒に、ダウンロードパスワードも送ってあげるようにしてください。

この方法の良いところは、一度、firestorageへ商品をアップロードし、URLが生成されると、そのURLはずっと変わらず有効であり続けるという点です。

つまり、一度でも商品のダウンロードURLが生成されると、そのURLをメモ帳などにコピペして保存しておくことで、商品が売れるたびに、同じURLを毎回メッセージで送れば納品が完了します。

毎回、購入者へメールアドレスを聞いて、メールに商品を添付して納品するよりも効率的な方法だと思っているので、私は「2」の方法を実践しています。

ただし、1点だけ注意してほしいことがあります。

購入者の中には、パソコンをお持ちではなく、スマホしか所有していない方もおり、その場合、firestorageのダウンロードリンクが正常に開けなかったり、ダウンロード自体ができないという可能性があります。

そうなると、メールに添付して納品するしかないので、その点だけ認識しておいてください。

note

noteの納品方法は少し特殊です。

前章で軽く触れましたが、noteは「ブログ」のようなプラットフォームとなっています。

PDFで商品を作成するというよりも、あなたの商品ノウハウをnoteのブログ記事へ投稿して、その記事を気に入った人がお金を払って記事を購入するという流れになります。

note以外の4つのプラットフォームはPDFなどのデータ形式で商品を提供しますが、noteは記事を購入した人だけが、その記事の内容全文を読めるようになります。そのため、購入者に商品を納品するという概念が存在しません。

noteで商品を販売して、購入者が商品を受け取る流れは以下の通りです。

1、PDFで作成したノウハウ(商品)をnoteの記事へ投稿する(コピペで構いません)
2、投稿した記事(ノウハウ)の価格を設定する
3、投稿した記事(ノウハウ)内の核心部分を『有料エリア』に設定する
(記事を購入した人でないと読めないように設定します)
4、記事を購入することで、有料エリア部分を含めた記事全文が読めるようになる

つまり、あらかじめ、noteに記事(商品内容)を投稿し、価格と有料エリアを設定しておくだけで、記事の購入者は自動的に記事の全文が読めるようになります。

そのため、記事が購入されるごとに、商品を納品する必要はありません。相手にメッセージを送る必要もないので、商品販売後の作業に関して言えば、noteはかなり楽なプラットフォームになります。

STORES

STORESに関しても、noteと同じく、商品が売れた後の納品作業はありません。noteとの違いは、noteはお金を払って有料記事を購入するのに対して、STORESは購入後、商品(PDF)をサイトからダウンロードできるようになります。

STORESで商品を販売して、購入者が商品を受け取る流れは以下の通りです。

1、商品(PDFなど)をSTORES上にアップロードしておく
2、商品を購入すると、購入者が商品(PDFなど)をダウンロードできるようになる

STORESについても、厳密にいえば納品ではなく、購入者が勝手に商品をダウンロードしてくれるので、あなたが行う作業は何もありません。メッセージを送る必要もないので、noteと同じく楽なプラットフォームといえます。

スキマ(SKIMA)

スキマでの納品方法はヤフオクとほぼ同じ流れです。ヤフオクが「取引ナビ」というシステムを使って納品を行うのに対して、スキマは「専用ルーム」を使って納品を行います。

ただ、スキマでは、専用ルームのメッセージシステムで、ファイルを添付することが可能です。

そのため、firestorageの商品ダウンロードリンク(URL)を送っても良いですし、メッセージを送る際にファイルを添付して納品しても大丈夫です。

ココナラ

ココナラでの納品方法に関しても、基本的にはヤフオクやスキマと同じです。

ココナラで商品が購入されると「トークルーム」という専用の部屋が用意されるので、トークルーム内でメッセージのやり取りを行います。

ただ、ひとつだけ、ヤフオクやスキマと異なる点があります。それは、原則として、ココナラのサイト外でメッセージを送ったり、納品を行ってはいけないという点です。

つまり、firestorageのように外部リンクへ誘導して納品するのはNGですし、メールアドレスを聴取してメール添付で納品するのもNGということです。

では、どうやって納品するのかというと、ココナラの「トークルーム」で直接ファイルを添付することができるので、トークルームでメッセージをやり取りするのと同時に、商品(PDFなど)を添付して送信する形になります。ココナラのシステム上で全てを完結させないといけないということです。

商品の出品方法に関してもそうですが、ココナラは他のプラットフォームと比べて、商品販売者に対する制限が厳しいので、注意するようにしてください。

ちなみに、上記以外の5つのプラットフォームについては、、、

・BASE → STORESと同じ

・タイムチケット → ココナラと同じ

・Brain → noteと同じ

・ランサーズ → スキマとココナラを足して割ったような感じ

上記のように捉えていただければ大丈夫です。

売り上げを大きく左右する「評価」のコツとタイミングとは?

今回、商品販売先として推奨している9個のプラットフォームのほとんどで「評価」を行うことができます。

おそらくご存知だと思いますが、念のためにご説明させていただくと、商品販売者と購入者それぞれがお互いに、取引内容(商品や対応の質など)に関して5段階で点数をつけ合います。

Amazonやショッピングサイトなどを利用する際に、できるだけ、高い評価(5つ星)をたくさん貰っているショップから購入したいと思いますよね?

情報商材販売も同じで、

「あなたの評価がどれだけ溜まっているのか?」
「どんな評価コメントが付いているのか?」

という点を、見込み客は必ずチェックしています。

残念な話ではありますが、情報商材販売ビジネスは、中身の無い「詐欺商材」を高い価格で販売する人たちも存在するので、通常の物販(Amazonや楽天で日用品を購入する場合など)に比べて、評価内容を重視している見込み客は多いです。

そのため、商品が売れて、納品まで完了したら、できるだけ購入者への評価を行うようにしてください。

購入者によっぽどの落ち度が無い限りは、満点の評価をつけるようにしましょう。

商品に対して理不尽なクレームを言われたり、誹謗中傷を受けたりした場合は別です。しかし、支払いが遅かったり、こちらからのメッセージに対して返信がないなど。許容できる範囲なら満点の評価をつけてあげる方良いでしょう。

そうすることで、相手も満点の評価を返してくれやすくなります。

そして、可能な限り、あなたから先に評価をつけるようにしてください。納品が完了し、購入者があなたへ評価する前に、あなたが先手を取って、購入者への評価を行うということです。

なぜかというと、あなたが先に満点の評価を行うことで、購入者も満点評価を返してくれる可能性が高くなるからです。納品が遅かったなど、少しくらいの落ち度であれば、満点評価を返してくれると思います(商品の質次第にもなりますが…)

上記のような行動を心理学用語で「返報性の法則」と呼び、相手に恩を受けると、何らかの形でお返ししたくなるという心理です。

WEBマーケティングでは鉄板の手法ですが、このような評価の場面でも活用できるので、ぜひ、使うようにしましょう。

また、5段階の評価点をつけるのと同時に、評価コメントも入れることができます。

なお、ヤフオクとココナラに関しては、評価コメントのテンプレがあらかじめ用意されているので、そのテンプレを使っても問題ありませんよ。

商品が売れた後は補充が必要?販売サイトごとに徹底解説!

物販ビジネスの一般的な概念として、販売されている商品数には限りがあるため、商品を販売した後は、その分商品を補充しなければいけません。

例えば、スーパーマーケットの店頭にジュースが100本並んでいる場合、そのうち、95本が売れてしまうと、残りは5本しか無くなってしまいます。

バックヤードから在庫のジュースを運んできて補充をしないと、販売機会ロスにつながります。

これは、リアルな店舗ビジネスだけではなく、インターネットビジネスの世界でも同じです。メルカリ、ヤフオク、Amazon、楽天などでネット物販をしている販売業者は商品の在庫を抱えており、商品の在庫数もしくは、仕入れが可能な数を上限として、商品を販売することが可能です。

なぜ、こんなにも当たり前の説明をさせていただいたかというと、改めて、この情報販売ビジネス(情報コンテンツ販売)の素晴らしさに気づいていただきたかったからです。

前章でご説明した通り、情報販売ビジネスにおいて、在庫の概念は存在しません。あなたが作成した情報商材(PDF)はパソコンがあれば無限に複製できるものであり、複製には手間も費用もかかりません。

「何かを販売して利益を得る」

というビジネスを展開している多くの人は、日々、在庫と仕入れに、頭を悩ませています。

商品が売れなければ、在庫を抱えて赤字になりますし、仕入れができなければ、そもそも商品を売ることが叶わなくなるので、売り上げがたちません。

仕入れ価格が高騰したりすると、新たな仕入れ先を確保しなければいけなかったり、販売価格を上げなければいけなかったり、、、と悩みは尽きません。

しかし、一方で情報販売ビジネスであれば上記のような懸念は一切ありません。

私自身、今でもたまに、この事実(リスクが一切ないということ)を、ふと考えることがあるのですが、その度に

「素晴らしいビジネスモデル」

であることを痛感します。

金銭的なリスクを全く背負うことなく、インターネットビジネス初心者が人生を変えるほどのお金を稼ぐことができるビジネスは、情報販売ビジネスくらいではないでしょうか?

これはポジショントークでも何でもなく、本当にそう思います。

また、前置きが長くなってしまいました。。情報販売ビジネスの素晴らしさを、改めて感じていただいたところで、本題に入ります。

確かに、情報販売ビジネスでは在庫という概念はありませんが、一部のプラットフォームでは、商品補充(商品の再出品)という作業が必要になります。

ここでも、それぞれのプラットフォームごとに、説明させていただきます。

ヤフオク

ヤフオクでは、商品が1つ売れるたびに、商品を補充(再出品)しなければいけません。

有料の「ヤフープレミアム会員」に登録した場合は、複数個の商品をまとめて出品できるので、商品が売れるたびに毎回、再出品する…。という手間がかかることはありませんが、完全無料(無料会員)で出品する場合には、毎回、再出品しなければいけません。

無料で販売できるので、この点は我慢するしかないです。

といっても、再出品の方法はとても簡単です。商品出品時に設定した情報(商品名、画像、条件など)はそのまま保持されるので、手間はほとんどかかりません。おそらく、10秒あれば再出品は完了します。

ココナラ

ココナラは商品を出品する際に複数個まとめて登録できます。

「一度に受注可能な件数」

という箇所に、ある程度の「数」を設定しておけば、ヤフオクのように毎回、再出品を繰り返す手間を省くことができます。

note

noteは公開した記事自体が商品となるため、商品が売れた後の再出品という概念がありません。そのため、記事が100回購入されようが、1万回購入されようが、販売者は何もしなくて大丈夫です。

STORES

STORESはココナラと同じく、複数個まとめて出品することができます。とりあえず、出品できる最大数を入力しておいて「在庫数が少なくなってきたな…」と思ったら、管理画面から商品数を追加すればそれだけでOKです。

スキマ(SKIMA)

スキマは商品出品時に商品数を設定する箇所がありません。そのため、一度、商品を出品したら、出品を取り下げない限りは「無限」に販売し続けることが可能です。

販売者は何もしなくても大丈夫です。

以上が商品補充の説明となります。商品補充と言っても、一部のプラットフォームだけですし、再出品作業自体は一瞬で完了するので、ほぼ手間はかかりません。難しいことは何もないので、気楽に考えていただければと思います。

ちなみに、ここに関しても、、、

・BASE → STORESと同じ

・タイムチケット → ココナラと同じ

・Brain → noteと同じ

・ランサーズ → スキマとココナラを足して割ったような感じ

上記の通り、納品方法で説明した時と同じように思っていただければ大丈夫です。

1日あたり「数分」の作業時間でOK!テンプレ化で楽して稼ごう

この「第6章」の中でも、もっとも重要だと思う部分がこの『テンプレ化』です。

この章で紹介してきた、納品や購入者とのメッセージのやり取りなどは、ある程度、テンプレ化(定型化)することが可能です。

実際に私も、商品販売後に発生するこれらの作業はできるだけテンプレで済ますようにしていますし、具体的に、以下の作業はテンプレ(定型文)を用いることで、作業時間を少なくすることができます。

・見込み客から送られてくる質問への回答
・商品販売後の取引メッセージ
・評価コメント

では、どのようにしてテンプレを作り上げるのか?

情報商材販売を実践して最初の時点では、送られてくる質問、販売後の取引メッセージ、評価コメントに対して、一件一件、その都度、対応していく必要があります。ただ、ある程度、対応経験が増えてくると、、、

・見込み客から送られてくる質問への回答
・商品販売後の取引メッセージ
・評価コメント

に関して、幾つかのパターンが見えてきます。

それらをグループ分けして、それぞれのパターンに最適なメッセージやコメントを作成。その際は、イチから作成するのではなく、過去に送ったメッセージや過去に評価したコメントを参照し、それを基盤として、そこに修正を加えてテンプレを完成させます。

そして、作成した文章をテンプレとして、パソコンのメモなどに保存しておけばOKです。

実際に私は、パソコン(MacBook)とスマホ(iPhone)のメモとGmailのメモを同期させています。つまり、パソコン、スマホ、Gmailのどれかを開けば、常に同じテンプレを開くことができるようになっています。

他にも方法はあるかと思いますが、上記の方法であれば、端末(パソコンとスマホ)の物理的なメモリーと、クラウド(Gmailアカウント)上にメモを残すことができます。

万が一、パソコンやスマホのデータが消失した際に、すぐ復元することが可能です。

私は基本的に、スマホだけで全てのやり取りを完了させています。スマホでだけで作業が完結できれば、電車の待ち時間などのちょっとした隙間時間を活用して、毎日の単純作業をこなすことができるので、大変便利です。

正直なところ、テンプレ化をしなくても作業自体を行うことはできますし、ちょっと面倒なだけで、大きく困ることはありません。

ただ、毎日の貴重な時間をできるだけ単純作業に使わずに、もっと大切なことに振り分けることができます。

仮に、ヤフオクで1日1件売れるとすると、今まで3〜5分かかっていた商品販売後の作業時間が、テンプレを使った場合、1分以内に短縮することが可能です。少しの時間かもしれませんが、年換算するとかなりの時間になります。

また、テンプレ化をしないと、毎回、メッセージ文章を「考える」必要があり、それが「面倒だな…」という気持ちや「ストレス」につながってしまい、最終的に、情報販売ビジネスを途中でやめてしまう原因にもなりかねません。

商品販売後の作業には、

・できるだけ時間を使わない
・何も考えずにサクッと終わらせる
・コピペで完結させる

上記のような取り組み方がベストです。

貴重な時間はあなたが本当に大切だと思っている事や、新しい商品の開発、販売文章作成などのマーケティング活動に費やすようにしましょう。そのためには、ぜひ、テンプレ化をしてみてください。

まとめ

それでは、第6章をまとめます。

・見込み客からの質問に真摯に対応することで、商品の購入につながることがある
・丁寧な言葉遣いで、きちんと的を得た回答を、できれば6〜12時間以内に送る
・商品の納品方法はプラットフォームによって異なる
・無料サーバーからダウンロードしてもらう形式で納品するのがおすすめ
・あなたの信用を表す指標として「評価」はとても重要である
・あなたから先に高評価をすることで、相手も高評価を返してくれる確率が高まる
・商品が売れた後の再出品方法はプラットフォームによって異なる
・作業をテンプレ化すれば毎日「数分」の作業で稼ぎ続けることができる

これで、情報商材販売ビジネスの3ステップ全てが完了したことになります。

1、商品を作成する ←達成
2、商品を販売する ←達成
3、販売後のフォロー ←達成

さて、あなたはどこまで進めることができましたか?ここまで、ついてこれていますでしょうか?

・まだ、全然着手できていない人
・なんとか商品だけは作成できた人
・とりあえず販売サイトの登録だけ済ませた人

進捗状況はいろいろだと思いますが、ぜひ、諦めることなく、一歩一歩前進していただければと思います。アニメの有名なセリフにもある通り、諦めるとそこで終了です。

ここまで読んでいただいたあなたには是非、このノウハウをきっかけに成功してほしいと思っています。甘い言葉で誘惑するわけではありませんが、リスクなし、再現性抜群、実践すれば必ず結果が出ます。それは私が保証します。

正直、こんなにも稼ぎやすいビジネス、将来性のあるビジネスは他にありません。

どれだけゆっくりでも大丈夫です。

それこそ、毎日、10分でも良いので、何かしら実践する習慣をつけるようにしてください。習慣は力です。

日課で行う歯磨きのように、毎日、実践していれば、それが当たり前になります。そして、当たり前に思考し、当たり前に実践できるようになった時、必ず稼げるようになります。

少しずつ、着実に資産を築いて、仕掛ける側の人間として、一緒に稼いでいきましょう。

P.S.

「午後からのダラダラした6時間より、朝の集中した2時間」

人間は何かを判断するごとに、脳力(思考力)がなくなってきます。脳力がなくなると、生産性が低下し、仕事がなかなか進まない事態に陥ります。

大切な仕事や、思考や決断を伴う作業は、脳力がフルパワーの状態にある、朝、一気に片付けましょう。例えば、商品作成や商品販売ページの作成などです。

一方で、商品販売後の作業や単純作業(ルーチンワーク)は、何も考えずにできるので、午後にまとめて行うことをお勧めします。

大切な仕事は「朝」
必要な作業は「午後」

時間の使い方、少しの工夫で人生が変わりますよ。

第7章はこちらをクリック↓↓

情報販売ビジネス初心者でも月5万円稼げる6大テクを限定公開

タイトルとURLをコピーしました